笑う老人

健康食品で認知症予防【カンタンケアの秘訣】

若い脳を維持する

2人のシニア男性

食事のポイント

認知症とは、脳細胞が破壊されて記憶力が低下するだけでなく悪化すると判断力や理解力まで衰えてしまう脳の病気です。加齢に伴って、脳の機能は徐々に低下していくことで記憶力が鈍ることはあります。しかし、認知症の場合は記憶自体なくなってしまう病気です。日常生活に支障が出ることも少なくないため、早い段階で予防を心がけることが大切です。予防には、食事の改善が欠かせません。あるデータでは、認知症になる人は食事のバランスが悪く必要な栄養が摂取できていないことが確認されています。予防には、青魚に豊富に含まれているEPAやDHAをはじめ、抗酸化力のあるビタミンE、食物繊維などを積極的に摂ることが良いと言われています。

早い段階で始める

認知症の予防は、早い段階で始める必要があります。認知症の発症は、多くの場合は中高年代以降の比較的高齢者に多いと考えられていますが、現代では必要な栄養素の不足や強いストレス、脳を鍛える習慣がないことなどが原因で若い人でも発症するケースがあります。早い段階で予防を始めていくことで、将来的に認知症の予防につながるため年齢にかかわらず対策を取っていく必要があります。肉中心の食生活はやめ、野菜や魚を中心とした食生活に変えながらサプリメントで補い、塩分やコレステロールにも気を付けながら改善していくことです。体内の血流が悪くなると、脳の血流も悪くなり機能低下を促すことがあるため、体内の血液をサラサラに保つためにも食事管理は欠かせません。

発症を遅らせることが大事

水を飲む男性と女性

高齢化社会と共に認知症が社会問題化しています。高齢と共に誰でも認知症になる確率は増えていきますが、若い頃から予防することによって発症を抑えることができます。特に食事に注意することが大事で、昔からの和食を理想としながらメニューを考えることです。またラジオ体操を生活の中に取り込むことも予防になります。

詳細へ

全身の健康を目指す

メディシン

認知症の予防には、脳に良いとされる栄養素を摂取すると効果が期待できます。DHAやビタミン類は、サプリメントや意識的な食事内容で摂取することも可能です。サプリメントと食事を組み合わせるという工夫も効果的といえます。予防に効果のある食事や栄養素は、全身の健康にもつながるという点でも人気となっています。

詳細へ

まだ研究段階です

3種類のシニア男女

認知症はまだ解明されていないことが多くあります。その中でも脳への働きを感じることができるアイテムは予防の一つとして取り入れるとよいでしょう。今後、研究が進みますます予防法が発見される傾向ですが、それまでは生活習慣の見直しなどもして対策することをお勧めします。

詳細へ