シニア女性

健康食品で認知症予防【カンタンケアの秘訣】

発症を遅らせることが大事

水を飲む男性と女性

和食を中心とした食事

高齢化社会が進行すると、ますます認知症への対策が必要となってきます。基本的に認知症を完治する方法はないのですが、日常生活の工夫によって予防することは可能です。認知症予防に効果的な4つの方法があり、その中で最も人気があるのが食事です。食欲は人間の本能の1つですから、食べることで予防するという方法は多くの人の共感を得やすく人気があるのです。食生活で大事なのは野菜や魚や果物を中心としたものに変えることです。日本人が昔から食べてきた和食が理想です。また脳によいとされる栄養素としてはビタミンCが欠かせないのです。抗酸化作用のある栄養素であり、脳には不可欠な栄養でもあるのです。それと同時にビタミンEも脳の活性化に必要な栄養素です。

生活習慣の見直しが大事

食生活の改善によって認知症の予防ができますが、1日30分以上の運動をすることも予防効果があるとわかっています。例えば体操をすることで認知量が改善されることが実験で証明されているのです。ですから日常生活の中で体操を取り入れる工夫をすると、予防効果が上がります。ジョギングやウォーキングが苦手な人でもラジオ体操なら自宅でできますから、工夫次第で気軽に予防することができます。もう1つ生活習慣の中で工夫が必要なのは、タバコやお酒や夜更かしの習慣を改めることです。特にタバコは認知症になる危険性が2倍もあるといわれています。これらの習慣を改めることで防ぐことができるのです。それと同時に頭を使うことも非常に脳の活性化には大切です。